Admin   Newentry   Upload   Allarchives

グレの口に届け!!

大分県南(鶴見、米水津、蒲江、深島)釣行記

カテゴリー「映画」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer- 

宿敵〝チャバ〟は僕に恐れを成して大分上陸無し!!

ウネリという最後っ屁を残していったが・・・_| ̄|● ガックリ

まあ、何にせよ大きな被害もなく何よりですね。

劇場版ガンダムOO-1
劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-

先週の土曜日に大分は劇場版公開初日でしたので、磯釣りにも行けないし

敢えて言おう!!ガンダムはヲタでは断じてない!!(爆)

話の途中で叫んでみたが・・・

良い機会でしたので6年ぶりに映画館で鑑賞しました☆─(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエ─イ

というか、初めて自宅で予約券購入し座席指定。

いや~便利な世の中になったもんだわヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪

昔、4時間前に購入したにも拘らず良い席を確保出来なかった訳がここで解決。

鶴見・米水津・クロ・グレ・釣果で検索してきた方ごめんなさい・・・。

ここで見た感想を熱く述べる!!

基本的に全ての作品には良さがあり、批判はない。

ただし、映画という短い時間の中に詰め込むには無理がある設定。

あの題材を2時間で上手く脚本したら賞賛に値する。

そして個人的にスピード感は抜群で程よく魅了されたが、あの有機生命体でリアルロボット

ではなくファンタジーロボットになってしまった。最悪、人型にして欲しかった・・・(ノω;`)シクシク

現実世界にある話がガンダムの良さであり人気の秘密であると思うが

あれも未来に起こり得る話なのだろうか・・・。

世のガンダムファンは今回の劇場版はどうみたのだろうか・・・。

さて、戯言はここまでにして今週末の磯釣りの準備でもしますかね。

米水津ですよ!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そして、その4日後にも磯釣りですよ!!(*´д`*)ぉ♪

今週来週と強化週間です(爆)







↓いつも見に来てくれてありがとう!!理解し合う事、話合うことで世界を平和に!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村       blogram投票ボタン





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 映画

TB: 0  /  CM: 2

top △

沈まぬ太陽 

『沈まぬ太陽』

4988104060549_1L.jpg


原作者は山崎豊子氏です。ピンと来ない方は「白い巨塔」と言えばわかるでしょうか。

先日、DVDで見たのですがこの原作者のドラマにはいつも引き込まれます。

内容はある航空会社で働く主人公の半生を・・・

“事実を基に小説的に再構築した”と。

ただ著作者本人もかなりの脚色はあると公言してますので、お間違いのない様。

本では3部作になっており、中でも一際目を引く内容は「御巣鷹山編」

御巣鷹山と聞けば・・・・そう日航機墜落事故。

これは当時小学校高学年であった僕の脳裏にも微かに記憶している。

深夜のテレビ画面に青の背景で延々と搭乗者名簿を流していたが、恐怖でしかなかった・・・。

まるで墓標の様で・・・。

情報社会の真っ只中でネットを駆使し、成人してから色々と勉強したこともある。

中でも大きく記憶しているのは・・・一通の遺書。

飛行機に異変が起こり墜落までの30分で書かれてある。

内容は家族に宛てた物ですが、これが心を振るわせる。

本人は墜落・・・そして死ぬこと予見しているのですが、家族関係・人との関わりが冷え切った

現代では想像が付かないほど家族を思って書いている。

突然、元気だった自分が残り僅かな時間で死ぬと予想すれば平静とはしていられないはず。

自分のことで精一杯でしょう。(僕は・・・)

それなのに家族や他人を想えることの素晴らしさ・・・人は死ぬ時になって初めて素直になれる。

僕は死ぬ間際に家族に感謝出来る様な人生と人格を備えることが果たして出来るのでしょうか。



ただ・・・まだ今の僕には、この様な遺書は書けません。



最後に、この事故で亡くなった520名の方々のご冥福をお祈り致します。









↓いつも見に来てくれてありがとう!今月は殆ど釣りブログではなかったのですが・・・。
※ランキングボタン宜しくです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村       blogram投票ボタン


毎年、8月は人の生死について考えさせられます。原爆、日航機事故、戦争・・・どれも望まない死。

死を実感のある現実と捉えれば、生の有り難さがわかります。

僕達は精一杯生きなければなりません。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Category: 映画

TB: 0  /  CM: 3

top △

2017-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。